Profoto OCF OCTAを追加で (;´Д`)

皆さん、こんにちは。

茨城県龍ケ崎市にあるフォトスタジオ、

SMILE CAMERA スマイルカメラです。

本日は、先日入手しましたPROFOTO B2 2灯セットを

簡単にご紹介させて頂きます。

買ったのはコチラです↓

 

 

色々と考えた結果やっぱり新ラインの製品(OCFシリーズ)を

追加で購入することにしました。

小型軽量のB2なのに、ライトシェーピングツールが既存のものですと、

せっかくの軽量&機動力という良さがスポイルされてしまうのかなと…

 

DP0A9911

DP0A9913

先ずは試しにひとつだけと言う事で購入したのは上の写真のもの。

 

このスピードリングアダプターは、

LEDモデリングライトのB1とB2にしか使用できません。

びっくりするのは、その小ささと軽さ。

 

 

DP0A9916

 

右がD1などに使用する普通のスピードリングアダプターです。

勿論B2にも使えますよ。口径は同じですから。

けれど全体の大きさが全然違う・笑

ちなみに重さを量ってみました。

OCFのが227g。

今までのものが537g!

なんと半分以下の重量です。

60cmのオクタも軽いし小さいですよ。

iPhone6と一緒に撮ってみました。

 

DP0A9919

 

中身はこんな感じです。

 

DP0A9921

 

クルクルと細く巻いてありました。

全然かさばらないですね。

早速スピードリングアダプターに取り付けてみましょう。

 

DP0A9924

 

色が付いてますので、どこに差し込むか迷うこともありません。

サササッで、ガチャガチャと簡単に組み立てられます。

ディフューザーはインナーもアウターも最初から取り付け済み。

これもかなりの時間短縮になりますね。

アウターは縫製してあります。

インナーは、フックに引っ掛けてありました。

 

DP0A9931

 

後は何箇所かマジックテープで留めれば、

 

DP0A9923

 

 

完成です!

本当に簡単。

 

DP0A9925

 

で、スタンドに取り付けてみました。

 

DP0A9927

 

素材はシャカシャカした薄手のナイロン生地です。

だから軽いんですね。

カタログを見ても特に雨に強いとかはなさそうですけど、

汚れてもサッと拭けば綺麗になる感じです。

外に持ち出すことが前提のシリーズなので、

その辺りの素材選びも流石ですわ。

ちなみにこちらも重さを量ってみました。

フレームロッド含めて僅か305g!

B2がコード無しで500g、アダプターが227g、全部足しても約1kg。

アシスタントに手で持ってもらっても苦じゃないですね。

モノポッドに固定しても全然問題無いです。

わーやっぱり凄いわこのシリーズ。

B1だと本体だけで3kgですからね(;´Д`)

 

ただ非常に残念なのは、結局2灯使うとなると、

物理的にジェネ本体からコードが二手に伸びていくということ。

おまけにコードが2mと短いから、3mの延長コードが必須。

そしてこれが高いんだな(;´∀`)

1灯ならば完璧です。

僕のスタイルですと、どうしても2灯無いとダメというシチュエーションもそうは無いので、

通常は1灯で、もう1灯は緊急用として持ち歩こうと思います。

 

しかし実際手にとってみると(先日のワークショップでも見ましたが)

このOCFライトシェーピングツールは、各種揃えたくなりますね。

そして外でストロボ使って撮りたくなる。

本当にProfotoさんは商売が上手いです。

B2、見ると確実に欲しくなるで購入を検討されている方は、

くれぐれもお気をつけ下さい。

ではまた。

 

Profoto OCF OCTAを追加で (;´Д`)
Tagged on:                             

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。