PHOTONEXT2016 仲間との再会 超一流に触れる意味

みなさん、こんにちは。本日は前回のお話の続きをさせていただきます。

茨城県龍ケ崎市にございますフォトスタジオSMILE CAMERA(スマイルカメラ)では各種記念写真、家族写真、マタニティ写真、プロフィール写真、宣材写真、屋外ロケ撮影、選挙写真、店舗撮影、商品撮影など、様々なジャンルの撮影を得意としております。県外や遠方、海外への出張撮影も承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。撮影のご依頼、お問合せは、下記フォーム又はLINE、電話にてお願いいたします。電話080-3307-3401(月曜定休:10:00~18:00)
LINEページはID検索にて『@smilecamera』にて友だち登録が可能です。

 

興奮冷めやらぬ中、ガイドブックを握りしめ会場へと向かいました。広い会場内は熱気と活気に満ち溢れ、たくさんの企業ブースやセミナー会場などが並んでいました。平日にも関わらず人もかなり多かったです。そして会場内を一回りした後には、この日もうひとつのお楽しみが待っていました。実は仲間に会う約束をしていたのです。彼とは数年前に写真がきっかけで知り合いました。当時ボクは既におじさんでしたが彼はまだ大学生。歳の差もかなりありますが、彼の人間性や行動力、考え方はどれもリスペクトできます。こういう兄貴が欲しかった。今までそう何度も思いましたよ。そうそう、実は僕等の結婚式にも来ていただいたんです。ちなみにこの日は、僕等もすっかり忘れていたんですが(彼が教えてくれました)式を挙げた日でもありました(;´∀`)

 

IMG_9069

 

みなさんの中には北欧好きの方も多いかと思いますが、なんと彼は昨年フィンランド政府観光局とフィンエアーが共同企画したイベントに、日本人としてただ一人選ばれた青年なのです(凄い!)そして数ヶ月の間、世界中から選ばれた数人の仲間と共に、フィンランド中を旅しながら過ごしました。彼の活躍やイベント詳細についてはフィンランド観光政府局のFacebookページをご覧いただきたいのですが、彼が撮影したブックを見せてもらいとても感動しました。日常の景色も勿論ステキなんですが、オーロラとかもかなりやばかったです。これ実際目の前で見たらどんな気持ちなんだろうと。ちなみに北欧でのオーロラ撮影は、ボクの死ぬまでに撮影するべきリストに当然入っています。(他にはイースター島のモアイ像やデンマークの洋上風力発電群など)

あとはね、どんなことにも物怖じしないアグレッシブさです。彼をとりまくビジネス的な事情もあり、詳しくはここでお伝えできないのですが、もう話を聞いていても次から次へと「え!マジで!」の連続なんです。結果が次なる結果を導き出すみたいな流れとでも言いましょうか。たとえ大きな相手でも決して恐れることなく自信を持って行動しているんです。それでも発信力や行動力がまだまだ足りないと反省している彼を見て、あーやはりこういう人でないと広い世界では活躍できないんだなぁとつくづく思いました。埋もれないために、埋もらせないために。人それぞれの個性やカラー、向き不向きがあるわけですから、勿論、全てこの通りにやらなければということではありませんが、勉強になることがいっぱいありました。刺激たくさんもらったよ。ありがとうshanyくん!負けないように頑張るね!英語も頑張ろっと(^^)

 

 

shanyくんと別れた後は再び会場へ。
愛用しているライティング機材メーカーPROFOTOのブースに行くと、トークLIVEが開催されていました。講師はセレブリティーポートレートの第一人者 マシュー・ジョーダン・スミス氏。

 

 

IMG_9062

 

もうめちゃめちゃすごい人です。ボクからしたら雲の上の存在。クライアントはハリウッドスターやスーパーモデル、世界のトップミュージシャンと、もうとにかく凄い方達ばかり。トークLIVEということもあり、内容はテクニカルなお話よりも仕事(撮影)に対する心構えや哲学の話が多かったのですが、ズガーンと心に響きました。マシューさんのお話を自分自身に置き換え考えてみると、今出来てること足りないことなどがハッキリと分かりました。本当に無料で良かったのでしょうか?

大盛況のトークLIVEが終わり、マシューさんは通訳の方とステージ裏へと歩いて行かれました。会場の隅にあったテーブルに腰掛けお茶を飲みながら談笑されてます。あーせっかくだから作品を見て欲しいなぁ…….とも思いましたが、きちんとしたブックもなく自分ごときが失礼かなと、なかなか決心がつきません。行こうか行かまいかモジモジしていると、のぞさんに檄をとばされました。

(-_-)←静かに厳しくこんな感じで。
確かにこんなチャンスは滅多にないもんな。shanyくんの行動力を思い出せ!

勇気を出して、作品を掲載していただいたガイドブック片手にマシューさんのもとへ。

 

 

IMG_4680

 

マシューさんは凄く優しくステキな方でした。わざわざ立って握手してくれましたよ。決して偉ぶることもなく嫌な顔ひとつせず、拙いボクの作品をじっくり見て感想を言ってくれました。為になる具体的なアドバイスやお褒めの言葉もいただき、いやー本当に嬉しかったです。テンパッてまともに質問とかも出来ませんでしたが、勇気を出して良かったです(;´∀`)

何と例えたら良いのでしょうか。僅かでも超一流に触れることで、心の中に小さな種をもらえたとでも言いましょうか。決して短い時間でパッと咲くものではありませんし、もしかしたらずっと咲かないかもしれません。しかし種があれば、自分の努力次第で、自分の心ひとつで、綺麗な大きな花を咲かせることも出来ます。今回、マシューさんのお話を聞かせてもらい、僅かでもそれに触れることができたことは、自分にとってとても意味のある価値のある体験だったと思います。と言うか、そういうものにしていかないとですね。この場に居れたこと出会えたことに心から感謝です。

通訳の方も笑顔がステキな親切な方でした。マシューさん、通訳さん、貴重なお時間をありがとうございました。それとのぞさんもありがとね。

 

PHOTONEXT2016 仲間との再会 超一流に触れる意味
Tagged on:                 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。