ビギナーが最初にポチすべきレンズはこれなのだ。

先月から開催しております撮影ワークショップ、お陰様で非常にご好評いただいております。勿論、撮影ワークショップですから技術的なことを質問されることが多いのですが、それ以上に皆さんが関心を持たれているのが機材選びのこと。

機材選びと書きましたが、最も質問が多いのがレンズ選び。次にカメラ選びです。レンズ交換が可能なのが、デジタル一眼レフ最大のメリット。小さなコンパクトデジカメやスマホではこれが出来ません。そして皆さんが想像している以上に、レンズによって写りは変わるのです。

ワークショップに来られる方は、7割がキャノンユーザー。あ、僕も同じくです(^^)なものですから僕が普段使用しているレンズなんかも、ご希望があれば実際にお使いのカメラに取り付け体験して頂いています。すると大半の方は、「わー凄い!この背景のボケがきれいですねー!」なんて驚かれます。

ちなみに僕が使っている50mm F1.4のレンズですと、こんな感じに写ります。

機材:Canon EOS 5D Mark3+50mm F1.4

 

DP0A7613

 

右隅のウサちゃんの目にピント合わせてます。

 

DP0A7657

ボケはピントを合わせた前後に出ます。

DP0A7687

 

背景の光も綺麗な◯ボケになってますね。

 

DP0A7614

 

こちらは手前の鉢の中にいる赤ちゃんに。※WS受講者の方でこの写真を見て、あっ!と思った方はしっかり学ばれている証拠です(^^)ちなみにこの撮影に使ったレンズは純正ではありませんが、↓こちらになります。

 

 

写真を始める誰しもが、特に女性の方は、お子様だったりペットだったり、お気に入りの雑貨や大事に育てているお庭の草花などを、背景を綺麗にぼかして撮影されたい方は多いのではないでしょうか。

しかし残念なことにビギナー向けに販売されているカメラのレンズセットには、あまり綺麗なボケが期待できない安価なズームレンズがセットになったものが多いのです。(安いとは言え何万円もするものが安価という辺りが写真の世界の怖いところですが^^;)

ズームレンズ(以下、ズーム)という物は近くだったり遠くだったりを1本でカバーできる非常に便利なレンズではあるのですが、安価なタイプでは、それ以上のメリットはありません。

じゃあ、キレイにぼかす為にはどんなレンズを買えばいいんですか?そういうのって結構お高いって聞いたんですけど?
と言うことで、いつも僕がWSでお勧めしているお手頃価格の単焦点レンズを、いくつかここでご紹介したいと思います。(以下、単焦点)

単焦点はズームとは違い、被写体と自分の距離を自分が動くことでしか補えません。写真の中にどれぐらいの大きさ・距離で写し込むか、それを考えながら自分自身が動くのです。まさに人間ズームですね(^^)

しかし単焦点には安価で写りの良い素晴らしいレンズが数多くあります。どんなシチュエーションでも困らないと言った万能タイプではありませんが、それ以上に魅力がたくさんあるということなのです。

最初にご紹介するのはこちらのキャノン製レンズ。ビギナーに大人気のEOS Kissシリーズなんかには、安くて軽くて使いやすいの三拍子が揃った最高の組み合わせだと思います。ユーザーからは買えば買うほど深みにはまるレンズ沼への撒き餌レンズと恐れられています・笑
ワークショップ終了後、実に3名の方がこちらのレンズを購入されました。内2人は何とその場でポチっと^^;

 

 

F値は1.8という非常に明るいレンズ。皆さんが憧れる背景がボワーっと綺麗にボケるステキな写真が簡単に撮れますし、
お誕生日キーキのろうそくの灯りだけと言ったようなステキシーンも撮ることができます。またせっかく買った大事なレンズを傷や汚れから守る為にも、こういうものを購入時に取り付けておくことをお勧めします。

 

 

それとレンズフード。絶対無いとダメかといえば無くても平気です。でもあればベストです。見た目にこだわる人は必須です。正直ちょっとかっこよくなります(^^)

 

 

ご紹介したレンズは長く多くのファンに愛されたロングセラーモデルなのですが、つい先日、リニューアルされました。主な変更点は以下となります。

◎レンズを駆動させるモーターが静かで早いタイプになりました。(STM)
◎撮影最短距離がレンズ面から35cm→25cmになったことで、あと一歩近づけたら!というシチュエーションでも対応できるようになりました。
◎ちょっと難しい話ですが、絞り羽根が5枚→7枚の円形絞りになり、ボケが綺麗な◯になりました。
◎フルタイムマニュアルフォーカスになったので、AFでピントが合った後に手動で微調整できます。

じゃあ結局のところどちらを選べば良いのでしょう?そう聞かれると非常に難しいところではありますが、個人的には特に初心者の方なら旧型でも十分満足頂けると思います。
現在(2016年6月時点)は新旧の価格差が無くなってきました。今なら間違いなく新型をオススメします!
暫くお使いになってどうしても新型が!と思ってからでも遅くはありません。そしてその方が比較対象がある分、買い替え時に満足度があがるのではないでしょうかね。しかしご予算がある方は最初から素直に新型を買われるのもベストかもしれません。それだって十分にお買い得価格ですから(^^)

ということで下に新型の方をまとめておきます。新型はレンズ径が52mmから49mmに変更となっています。フィルターも49mmを選んで下さいね。


 

ニコンユーザーの方にも同じようなレンズがございます。こちらはキャノンよりもちょっとお高いですが、値段以上に評価の高いレンズです。

 


 

次回はビギナー向けのカメラ選びをぜひ!

ビギナーが最初にポチすべきレンズはこれなのだ。
Tagged on:                                         

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。