おばあちゃん ありがとう

先週の木曜日、母方の祖母が90歳の人生を終え、旅立ちました。

母方の祖母ではありますが、僕ら兄弟(3人兄弟)には親同然の存在でした。

と言うのも僕がまだ2歳半、妹は生後2ヶ月半のタイミングで、

母が結核を患い入院してしまったのです。

入院期間は1年半。当時は今ほどよい薬も無かったせいか、

通常それぐらいの入院期間だったらしいです。

その間、僕ら兄弟の面倒を見てくれたのが、

母方の祖父と祖母でした。

だから何というか、特別なんですよね。存在が。

祖母は非常に元気でパワフルな人でした。

ほんの数年前までは普通に車の運転もしていましたし、

(それが恐るべしドライビングテクニックでした・笑)

非常に多趣味で多才でありました。

革製品、洋裁、編み物、ステンドグラス、トールペイント、書道etc・・・

数えればきりがありません。

僕も結構な多趣味ですが、祖母の飽くなき知識欲には到底敵いません。

そして全て極めちゃうんですよね。

本当に尊敬しちゃいます。そういうところ。

また祖父同様、困った人を絶対にほってはおけない、

正義感が強く義理人情に厚く、常に人様のためにという精神で生きてきました。

人間としてもとても尊敬できる、そういった存在でした。

ここ1年前位からは歳のせいもあり、入院したり退院したりを繰り返してきました。

4ヶ月前からはいよいよ体の方も衰弱し始め、

入院した状態となりました。

妻と子供と3人でお見舞いに行った時には、

もう僕が知っている元気な祖母の姿ではなく、

とても痛々しい姿になっていました。

話すことも出来ずに、食事も点滴のみです。

それでも一所懸命に手を動かし、僕らに対してお礼を言ってくれている気がしました。

母からも余命はあと僅かであると聞いていました。

それでもなんだか良くわかりませんが、

祖母は死んだりしないという、なんかそういう感覚でいたのです。

実感がわかないというか。現実を受け止めきれないというか。

だから実際に亡くなったと連絡を受けた時も、

その時点ではあまり悲しみはありませんでした。

土曜日、日曜日に葬儀が執り行われ、

お盆にも関わらず、たくさんの方々に弔問にお越しいただきました。

その様子を見たときに、皆さんが祖母の生き方を証明してくれている気がして、

とても嬉しく感謝の気持でいっぱいになりました。

祖母は本当に安らかな顔をしていて、あの最後にあった痛々しい姿はそこにはありませんでした。

まるで眠っているようだね。妻と子供も頷いていました。

そしていよいよ最後のお別れの時、

祖母の顔を撫でました。

とても柔らかく温かい気がしました。

本当に今までありがとう。

そう言葉に出すと、そこで初めて悲しみがこみ上げてきました。

これでお別れなんだな。

初めて別れを実感出来ました。

人は生まれた瞬間に死に向かっていきます。

そう考えると、無駄な時間は1秒たりともありません。

だから故に、生きていることに感謝をし、日々を精一杯生きなければなりません。

自分の存在意義を探しながら、自分にしか出来ないことを見つけ、

僅かばかりでも世のため人のために実践していくことが、きっと人生の意味なんだと、

祖母の死は、僕にそのことを教えてくれました。

何年後かは分かりませんが、僕が死を迎えたその時に、

精一杯生きてこれたな。

そう笑顔でその時を迎えられるよう、僕にしかできないことを、

写真を通してできることを、その可能性を追い求めていきたいです。

そしていつか、家族にとって誇りに思ってもらえるような、

祖父や祖母のような、そういう人間になりたいと強く感じました。

あばあちゃん、ありがとう。

おばあちゃん ありがとう
Tagged on:                     

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。